2021年営業予定のお知らせ

​今年の委託加工の受付は12月4日頃までを予定しています。日曜日はお休みです。ご不明の点などはお電話でお問い合わせください。

2021年11月までの缶詰・瓶詰加工受付のご案内

​いつも福田屋食品加工場の缶詰・瓶詰加工をご利用いただきありがとうございます。11月までの受付についてお知らせです。

IMG_2558.jpg
DSC_4835.jpg

【お作りできるもの】

ネマガリタケ・フキなどの山菜水煮缶・びん、ジャム等瓶詰、きのこ缶詰・びん詰、トマトソースびん詰​ そのほかはお問い合わせください

【営業時間】

月〜金 

朝8時00分〜夕方5時00分 ※当日加工は午前中にお持ちください

土 

朝8時00分〜夕方5時00分 ※当日加工は午前中にお持ちください

土曜日加工の缶・瓶のお渡しは翌週月曜日〜

日 定休日

​※ 当日加工ご希望の場合は、午前中にお持ち込みください。

(作業状況等により、午前中にお持ちいただいても翌日加工になる場合もあります。)

​※ お受け取りは営業時間内いつでも受け付けております。

​ご家庭での下ごしらえについて きのこ編

缶詰・瓶詰にして長期保管するためには素材の鮮度が非常に大切です。よくお問い合わせいただく内容をまとめました。

以下をお守りいただきお持ち込みください。 

 

お持ち込み時の状態によっては、せっかくお持ちいただいてもお作りできない場合がございます。鮮度が落ちている・汚れや虫が多い状態のきのこを加工すると腐敗(膨缶)の原因になってしまうためです。併せてご理解いただけますと幸いです。 

 

■キノコはよく洗い、虫や木の葉・土などの汚れのない状態でお持ちください。

 

■土や木に付いていた部分は切ってください。洗い流しても目に見えない土壌菌が缶腐敗(膨缶)の原因になります。 

​■ナメコ以外は、虫殺しのために軽く茹で、冷ましてお持ちいただくことをお勧めします。沸騰したお湯によく洗ったキノコを入れ、再度沸騰したらあげるくらいが目安です。

ナメコは生のみ・小缶のみの加工受付です。

 ■むせった(ブナハリタケ)は茹でてお持ちいただくことをお勧めします。


■ナメコ(生)・むせった(ブナハリタケ)・モチ(生・茹で)・ノキダレ(生・茹で)・ハタケシメジ(生・茹で)・ヒラタケ(生・茹で)の缶詰はお作りしたことがあり、受け付けています。それ以外のきのこについてはお問い合わせいただき、ご相談して判断させていただきたいと思います。

 

■きのこという菌類の特性上、細心の注意を払って加工させていたきますが、膨缶してしまうことがあります。鮮度と下ごしらえの状態の良いものをお持ちください。万一膨缶の場合はお申し付けください。

 

■生のキノコを缶詰にお作りすると、加工作業でカサが減ります。特にハタケシメジ・モチ・ヒラタケ・ナメコはだいぶん減ってしまいます。

ナメコは生のみ受付ていますが、それ以外のキノコについては、カサ減りが気になるようでしたらあらかじめ茹でてお持ちください。

ご心配・ご不明の点は事前にお気軽にお問合せください。 

      

​お持ちいただく際のお願い ジャム

​■2021年秋から、受付の際にpHを測定させていただきます。測定結果によっては瓶詰めしたものを冷蔵保管した方がいい場合があり、その際ご相談させていただきます。安心して長くお楽しみいただける瓶詰をお届けするために、ご理解をお願いします。

tel.jpg